7/3『泣き笑え 泣き唄え』

7/3の『泣き笑え 泣き唄え』本当に沢山の方にご来場頂きまして、
有難うございます。

今回は強力なサポートミュージシャンをお呼び致しました!

ピアニストのヒロ君。

ずっと前から、alutoのLIVEにどうしてもピアノを取り入れたいと思っていまして、
とてもパワフルでおまけに繊細なピアニストは居ないかなー?
って、ずっと探していたんですが、
江古田マーキーの長谷川都ちゃんのイベントに佐藤帆乃佳が参加した時、
Iyiyimさんのサポートで参加していたのが、ヒロ君だったのです。

実はその前にIyiyimさんのイベントにalutoが参加した時も、彼が弾いていたのですが、
ちょっと諸事情で僕はその日はかなりバタバタしていまして、落ち着いて観れる状況ではなく、
江古田の時にやっとしっかりプレイを観る事が出来ました。
これは良いぞーっ、そして演奏してる表情が凄く良いなー。て思っていたのですが、
そのLIVE後の楽屋にて、ちっちゃなCASIOトーンで、
スペランカーとマッピーのBGMを弾いてもらって、
あー、間違いないって、即決しましたよ(笑)

さてalutoの二人になんて言おうかなー? まさかマッピーで決めましたー。なんて言えないしなー。
なんて恐る恐る話したら、なんてことなく、
二人とも前回対バンした時に凄く良いと思っていたらしく、
満場一致で決まりましたとさ。

ただそこからが、意見を重ね合ったのですが、ピアノ、アコギ、ヴァイオリンときたら、
どうしてもパーカッション等、リズムが欲しいと要望され、一人一人沢山話し合いました。

でもこの三つの音だけでどこまでやれるか試したかったのと、
彼のようなピアノとalutoだったら、きっとカッコイイ音楽が生で奏でられる確信みたいなものが、
頭の中でイメージできていたので、ちゃんと説明して納得してもらった。

音をどんどん増やして単純に豪華にしていくのは、可能だけれども、
最小限の中で素晴らしいものを構築していくには、センスも努力もとても必要だ。
良い音楽を奏でる為に色々試行錯誤するだろうし、悩むだろう。

そう、単純に与えられていくだけでは、人は伸びないし。
もっともっと彼らは、伸びていくはずだし、いや伸ばしていくように仕向けてかないと。
alutoを応援して下さる方が居るんだから、頑張らないと。

でもピアノって欲張りな楽器ですね。
メロもコードもリズムも持っている。

力や表現の加減で、グルーブも全然変わるし。

う〜ん、なんか毎回LIVEレポとはまったくかけ離れた文ですが、
そこはお許しくださいね。
そこはなんていったって、雑記ですから。
そうやって逃げちゃいますから。

そしてそして、ゲストの上間善一郎君、本当に有難う!
物凄い可能性と勢いを持った素晴らしいアーティストだと思う。

LIVE後の打ち上げでしっかりと話してみて、若いのにちゃんと
周りの事や自分の置かれてる環境を真剣に考えているなー。って思った。
苦悩も、もちろんあるだろうけど、お互い刺激しあって目標に向かっていければ良いね。

そう、この泣き笑え、毎回、回を重ねるたびに、良い部分と反省点も沢山見えてくる訳で、
そのお陰で一歩ずつ、一歩ずつ成長していければ、
そんな所もこのイベントの楽しさでもあり、お客さんも一緒にこのイベントを作っていければなあと思います。

そして、今回は七夕にちなんで来てくださった方に短冊に願いを書いてもらいました。
一番多かったのが、『alutoがビッグになりますように!』って書いてある短冊だった!

嬉しい限りです。みんなの願いが叶うように頑張らなくては!




・・・え?自分っすか?


も、も、もちろん書きましたよ、、、

ほ、ほ、ほのかのブログにも書いてありましたけど。。。



『結婚できますように!』って。。。



結構真剣です・・・(反省)



-P.S-
aluto 1st. Single『道』
限定1000枚という事で、リリースしたのですが、お陰様で残りも後僅かになりました。

まさか1000枚がこんなに早く無くなるとは思っていなかったです。

本当に有難うございます。

もしまだお買い求めになっていない方で、欲しいなーと思っていたら、
是非お早めにご注文下さい。

一人でも多くの方にalutoの唄が届きますように。
2006年07月11日 03:00

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。