Jun Jun Cafe エンケン登場!

お知らせにも書いてありますが、

10月から毎週土曜日11時〜生放送番組「保津純子のハートフィールズ」で
ゲストをお迎えするコーナー「Jun Jun Cafe」にて
大吾がアシスタントパーソナリティーとして、出演しております。

毎週色んなミュージシャンの方々にお会いして、とても楽しいのですが、
10/29のゲストにエンケンこと、遠藤賢司さんがいらっしゃいました。

僕もお名前はよ〜く知っていたのですが、恥ずかしながら音楽は聴いた事が無く、
どんな方だろうと思っていたのですが、

先週、ラジオのディレクターさんから
丁度今、エンケンさんの映画が新宿で上映されているとの事で、
招待券を頂き、さっそく行って来ました。

タイトルは「不滅の男 エンケンVS武道館」

資料によると、ふむふむ、
「不滅の男エンケンこと遠藤憲司が、武道館を相手に
アンプ200台を積み上げ、無観客LIVEを決行する!」

武道館で無観客!?、アンプ200台!?
巨大ミラーボール!?、4畳半の部屋!?
すすきが揺れるあぜ道!?バス停!???

ん〜・・・
とりあえず観なきゃわかんないな〜。

と、当日開演ギリギリにいきなりメールにて、
ドタキャンしてきた大吾に
はらわたを軽く沸騰させながら、
オロオロとテアトル新宿に辿り着きました。

そこで観たものは、
光と音の洪水!!

武道館で無観客LIVE!、アンプ200台!、巨大ミラーボール!
4畳半の部屋!、すすきが揺れるあぜ道!、バス停!
でした!!

いや〜内容は是非、実際に映画を観て頂くとして、
エンケンさん、メチャメチャカッコイイ〜!!

風貌も超オーラを発していますが、
ギターのスキルや唄声、
もう完全に圧倒されてしまい、
当日ドタキャンした大吾の事など
前世よりはるか彼方に忘れてしまいました。
(ちなみに大吾は次の日に観に行った様です。)

そして・・・
ワクワクしながらラジオのOA日。
前世のはるか彼方に輪廻した大吾と待っていると・・・。

キタキタキター!!
エンケン、、いや、遠藤さん!!

し、渋い! 渋すぎる!
朝のTFM内でエンケンさんのオーラを浴び、
そのままフリーズ。。。もしくはストーンドしてしまった、自分。

そのまま、ジュンジュンと大吾と打合せ。
とても常識のある真面目な語り口で、お話をされるエンケンさん。
素敵だ。。

そして、「Jun Jun Cafe」スタート
「今日のゲストはエンケンこと遠藤賢司さんです。」
と、ジュンジュンが言い終わるや否や、
「われ〜こそ〜は〜」といきなり口上を述べるエンケンさん!
これには全員ビックリ!!

大吾も色々と質問していきます。
その中でも印象的だったのは、

大  吾「4畳半の畳の部屋が武道館にありましたが、
     あれはやはりご自身の中でなにかノスタルジックを感じさせるものですか?」

エンケン「いや、決してノスタルジックでは無い。俺は4畳半の部屋が大好きだ。
     過去どうだったか、昔は良かったなんかはどうでもいい。
     今(現在)好きかどうかが大事なんだ。
     今(現在)自分が好きな唄を唄っているのか。好きな音楽を奏でているのか、
     ノスタルジックに浸って、昔はどうこうなんて、これっぽっちも考えてない。
     あ、後ね4畳半の部屋でギターをつまびくと丁度良い響きなんだよ。
     これも大好きなんだ。」

そう、この人はリアルタイムに生きている。
只今に生きている。只今の音楽を奏でている。

だから30に足を踏み入れたばかりの
年の差でいえば親子程離れた僕の魂を揺さぶる。

大吾も僕も一気にファンになってしまいました。
是非、ライブに行きたいです。

そして、圧倒的なオーラを発しながら、エンケンさんは去っていった。
僕たちが教わったのは、パンクやロック、ファンク
全てをギター一本でかき鳴らす、純音楽というジャンル。

リスペクトしまくっています。


あ、写真撮るの忘れた。
ていうか撮れなかった。

オーラがまぶしすぎて。
2005年10月29日 00:00

伊勢神宮

10月2日(日) 日本晴


伊勢神宮は、実に3年振り。
今回で2度目。

前回は3年前の丁度今ごろ。
あの時も晴天だったなー。
時代はクルクル変わっていくが、
3年前、僕の心の世界は寒くて暗い、地下室の様な場所で必死にもがいていた。

そんな時ふと・・・
本当にふとした思いで伊勢に行こうと決めた。
何故かは解らない。
でも、本当にふっと思った。
4日間で、名古屋〜伊勢〜京都〜岡山〜出雲までのハードスケジュール。

4日間のオフをもらって旅立ったのはいいけど、
あいにく台風19号が日本を直撃していて、全国的に大雨。

でも、奇跡は起こった。

訪れる先々で、ことごとく晴れた。
「あなたたち、本当に幸運ね。昨日まで大雨だったのよ。」
お土産屋のおばちゃんにまで言われた。
あの時は本当に台風がわざわざ僕たちを避けて通過してくれた気がした。

そして伊勢。
五十鈴川の美しさに眩暈がする程感動した。
なんなんだ、此処は!

あまりの清涼感、静寂感、圧倒された。
そしてこの4日間の旅は、僕に何かを、
確実に何かをもたらしてくれた。

旅から数ヶ月後、僕の人生は劇的に変わっていった。
運命的な出会い。そして、別れ・・・
そして、新たな出会い・・・


そして3年後の現在、また此処を訪れる。
何かに導かれるように、この場所を訪れる。

あの時と同じ様に、全国的に雨だったらしいが、
伊勢は日本晴れ。

どうしようもない運命を感じずにはいられない。

これは天啓なのだ。

今、このタイミングで此処に来られる事がとても幸せだ。
そして五十鈴川も、
相変わらずクラクラする程、輝いている。




澄み渡った青空が、心と身体を包み込んでゆく。




明日は「泣き笑え 泣き唄え」だ!
沢山の方が集まってくれるかな。



大鳥居。 その向こうに見えるのは宇治橋。
P1010142.jpg





まばゆいばかりの五十鈴川
P1010153.jpg




たくさんの鯉が気持ち良さそうに泳いでいる
P1010152.jpg





内宮本殿。 たくさんの人がお参りに来ている。
P1010159.jpg





内宮の側にある、おかげ横丁。
あのお土産日本一、赤福の本店が此処にあります。
P1010161.jpg






茶屋で一服。  風情がありますな。
P1010163.jpg





川辺で団子を食べてる女の子。 
ずーっと、見つめられていて、ちょっとドキッとした(笑)
P1010167.jpg




これまたちっちゃい男の子。
目に映るもの全てが新鮮なんだろうなー。
P1010165.jpg
2005年10月19日 09:25

Honoka in 『雪月花』 at HIMEJI PartW

10月1日(土) とっても晴れ

なんやかんやで、もう最終日。
今日は青年会議所の記念イベントで、たくさんの人が集まるそうな。

さて、昼間は帆乃佳氏達は、姫路城を見学。
俺は、喫茶店をデスク代わりに仕事の打合せで延々と電話。
さすがにマイクロ波(なつかしー!)のせいか、数字のせいか、耳が痛い。

さて、お土産もたくさん買ったし、いざ姫路城へ。
うわ〜、いるいる、沢山のスーツ姿の方々が。
たくさん全国の名産ブースが三の丸広場を埋め尽くしています。
しかもみんな無料で食べられる!!


P1010111.jpg



今日はチアガールや、西城秀樹さんが出演したりする予定なので、
舞台もかなりバタバタ。
なので、サウンドチェックもほんの一瞬で、すぐさま舞台袖に。

袖で出番を待ってると・・・。
キタキター!西城秀樹ー!
いや〜、もってかれましたねー!
お客さんも大盛り上がり!!

本番直前にいきなり来て、まったくチェックもせず、いきなり唄いだせるのはさすが
!!
またお客さんを盛り上げるのがウマイ、ウマイ!

とどめは待ってました!ヤングマ〜ン!!
キャー! ヒデキー! 感激!!!

どんなに一緒にYMCAしたかったことか(笑)


※さすがの貫禄、西城秀樹殿
P1010116.jpg



しかし、この後すぐ本番が控えているので、がまんがまん。



※帆乃佳もぐっと堪えてチューニング(笑)
P1010052.jpg


大歓声を受け、嵐の様に去っていったヒデキ様。
ああ、一声かける事も出来ず、舞台はあわただしく転換していきます。

そしてトリは熊木君&帆乃佳嬢の出番。
先程とは打って変って、荘厳なる光と音のファンタジー。

見つめる13000Facesえ〜んど、26000's Eye。
す、すばらしい〜!

会場をしっとりと光の幻想に包み込んでゆく。
汚れた身体も浄化されそうな、そんな時間でした。


そして全イベント終了。
無事に終わり、ホッと安堵の息をつく。

みなさん、本当にお疲れ様でしたー!!

さあて、今日はゆっくり、食事でもとって・・・

え?、なになに?

UFJ? 銀行の事?

ちがうちがう、USJ?

に明日行くから準備する?? から忙しい???


????
てな感じで相変わらず慌しく、会場を去っていった帆乃佳様でした。


俺も明日は帰りに途中下車して伊勢神宮へお参りしていこうっと!
(どこが途中下車じゃ!)


※舞台袖から撮影
P1010117.jpg


※ホッカイロを差し入れしてくれた、マイちゃん。
 本当に有難う。
P1010108.jpg


※炎の舞
P1010055.jpg
2005年10月14日 15:26

Honoka in 『雪月花』 at HIMEJI PartV

9月30日(金) かなり晴れ


さあ、本番初日がやってまいりました。
昼間にさっくりとお蕎麦を食べ、夕方前には現場に到着。

う〜ん、良い天気だなー! 姫路城も一段と白いなー!
なんて思ってる間もなく、衣装のセッティングをして、
すぐさまサウンドチェック。

今日は昨日の寒さが嘘のように暖かい秋晴れ。
でも今日は19時からと20時からの本番二回しなので、
寒さ対策はちゃんとしております。


サウンドチェックも無事終わり、後は本番を待つばかり。
ちょっとトイレへ、、と昨日とは別のトイレへ行ってきたら、
なんと牛がいるー!!
その周りには、ニワトリがコケコケ飛び跳ねてるし!!

どうりで昨日舞台にあがった時、なんか香ばしい香りがするなー、なんて思っていたら、
こういうわけだったんですね。

なんと、姫路城の隣は動物園でした。
しかも入場料は大人100円の小人30円!!

これでも値上げしたそうです。(笑)
以前は80銭くらいだったんでしょうか?


※本番前に石井先生と記念写真
P1010048.jpg


そんなこんなで、会場も開場して、そろそろ本番です。
徐々に緊張感も高まってきました。

今日は一般客用なので、どのくらい集まってるかなー?
なんて、そっと袖から客席をみたら・・・

・・・いっぱいデス!!


・・・芝生が!!!


ありゃりゃ、大丈夫かなー!?なんて思ったのは取り越し苦労で、
なんてことはない、後ろのテントの方にいっぱいいるじゃないですか!!

結局、3000人以上集まったそうです。
その内前の方にも集まってきて、やれ一安心。

姫路市長のご挨拶も終わり、それじゃー頑張っていってらっしゃい!!
送り出した後、すぐさま客席に廻って、音のチェック

さすが音響システムの老舗、ONKENさんが組んだサウンドシステムだけあって、
野外なのに素晴らしい音じゃないですかー!!


P1010057.jpg

観ている方が口々に「ひゃ〜、凄いなー!」なんて、喜んでくれてます。
ちっちゃな子供が「あのおねえたん、カワイイ〜!」なんてのも聴こえてきたり(笑)

無事に初日も終わって、皆様お疲れ様ー!!。
明日は青年会議所の記念イベントで、なんと13,000人も集まるそうな。

それじゃ〜、明日は13,000人の酔っぱ・・・
・・・いえいえ、名士の方達に向けて頑張りましょう!!




※後ろの木々が照明で見事な紅葉になっています。
 さすが、石井先生、凄い!!
P1010069.jpg
2005年10月13日 06:36

Honoka in 『雪月花』 at HIMEJI PartU

9月29日(木) かなり晴れ


というわけで、行って参りました、3泊4日姫路の旅!
いや〜、空気もきれいだし、どことなく涼しいですなー!
さっそくタクシーに乗り込み、いざ姫路城へ!


夕暮れに佇む姫路城
P1010009.jpg


『雪月花』作曲/編曲&一緒に出演した、熊木君と
P1010010.jpg

あまりにもデカイ映像を映し出すモニター
P1010008.jpg


舞台には巨大な2つのオーロラビジョン(で良いんだっけ?)が両脇にそびえたち、
まるでB'Z(こう書いたっけ?)かミスチルのコンサートと見間違うかの如き、
おっきな舞台。


おおー、いいじゃないですか!こりゃテンション上がるなー!
なんてワクワクしながらも、まずは楽屋へ。


夕方、サウンドチェックを兼ねゲネプロを行なう。

が、時間が経つにつれどんどん気温が下がり、ちょっと肌寒いなー。
なんて思っているのも束の間、

・・・結構寒いぞ!! ほのかちゃん大丈夫かなー?とみると、

ガタガタ震えてるじゃないですか!!
どうしよう? 急いでホッカイロかなんか買ってこなきゃ!

しかし、この時期ホッカイロはコンビニには売ってないんですねー。 まいったな・・・
このままじゃウチの看板娘が凍死しちゃうよー!(するか!)

そんな時、たまたま姫路の友達に電話した所、
『ディスカウントショップには売っているが、もう閉まってる』
との事。

あちゃ〜・・・。
しょうがない、今日はもうあきらめて我慢してもらうかー。

なんて、思っていたらなんとその友達が、紙袋いっぱいにホッカイロ詰めてやって来た!!

『家にあったのを全部持ってきましたよー!』
マジ感動しました! ありがとー、マイちゃん!(涙)


そして一回通した後、映像のリンクや照明のバランス調整の為、しばし楽屋テントで休憩。
この間に、本番用の衣装の合わせ。
なんとこの衣装も、石井先生が自ら生地を縫って作ってくれたそうです。


※ちなみに、着付けも先生にして頂きました。
P1010045.jpg


衣装合わせも無事終わり、今度は衣装を着たまま、もう一度通しリハ。
しかし、照明の調整がかなり長引いた為、もう時刻は23時をすぎている。
気温はますます下がり、吐く息もうっすら白いかも。。。

ホッカイロをお腹やらなにやら体中に貼り付けて、リハに臨む帆乃佳。
さすがに、旅の疲れや寒さやスモークの煙たさやで、かなり疲労してる感じ。

結局24時過ぎたところで、やっと終了。
お疲れ様ー!!
いやー、寒かったねー! 冷えたねー!

帰りに入浴剤を買ってあげた。

明日は本番初日。
今日はゆっくりと入浴剤入りのお風呂に入って、疲れを取って休んで下さい。

しっかし、俺も今日はくたびれたなー。
はやくねよっと。



譜面を確認しつつ、モニターもチェック
P1010028.jpg



舞台奥にも映像が映し出される
P1010084.jpg



雨天の場合に備え、エレキヴァイオリンも持って来ました。
寒さとスモークにやられ、相当疲れています。
P1010037.jpg



衣装を着て、ヴァイオリンを奏でる。
う〜ん、神々しい。
P1010132.jpg
2005年10月09日 22:00

Honoka in 『雪月花』 at HIMEJI PartT

某月某日 晴れ のち かるく雨

某制作会社様からご相談を受け、佐藤帆乃佳嬢と待ち合わせ、打合せに行く。


・・・のはずだったのが、

この日はアクシデントだらけで、山手通りを愛車マジェ君にまたがり、走っていたところ、
いきなり、エンジンストール!

うんともすんともいわない。 こりゃ完全に遅刻だわ!

とりあえずバイクはあきらめ、慌ててタクシーに乗り換え、青山へ向かう。
完全に待ちぼうけになりながらも、青山のCafeでのんびりと
ドーナツをもぐもぐおいしそうに食べて、
しあわせいっぱい、ゆめいっぱい、ニッコニコの、ほのか様を大急ぎで迎え、
いざ打合せ場所へ。


そこでご相談されたのが、姫路城の記念イベントの出演依頼。

照明デザイナーの石井幹子(イシイモトコ)先生が

あの姫路城を光と音のファンタジー

・・・にするらしい。

石井幹子先生は日本における照明デザインの第一人者だそうで、
これまでに手掛けた作品は、

東京タワ−・東京駅ライトアップ・レインボ−ブリッジ・横浜ベイブリッジ・鶴見つばさ橋・
明石海峡大橋・姫路城・恵比寿ガ−デンプレイス・ ノ−スウェスタン生命保険ビル(アメリカ合衆国)等々、

ざっと挙げただけでも物凄いLINE UP!

活動は日本国内に留まらず、アメリカ、ヨ− ロッパ、中近東、東南アジアの各地で活躍されているという。

こんな凄い方とご一緒できるなんで、これはこれは非常に光栄なお話ですー!!


と、二人して喜んでいたら・・・




え? ヴァイオリンではなく、ピアノ奏者として?

いや、正確に言うなれば、キーボード奏者として・・・?

ですか?

ん〜、どうしよう?

ちらっと、隣を見てみると、

やっぱり帆乃佳嬢もなにやら不安な表情。。


そしたら最悪、だれか良いピアニストをご紹介しましょうか?とお伝えしたところ、

イベントプロデューサーから
『いや、サトウさんのピアノの演奏レベルに音源も合わせますから。
なにより演奏もさることながら、見た目の良さも非常に大事なんですよ!!
是非、サトウさんにお願いしたいんです!!』

という優しいお言葉!(笑) 二人してニンマリ。


宜しくお願いしま〜す!!



------------------------------------------
・・・あれ、ブログって続きを連続で書けないの?

そしたら続きは明日!!

・・・以降。
2005年10月08日 01:49

なんじゃこりゃー!!

いや〜、やっとホームページがリニューアルされて
喜びながらサイトを覗いてみると・・・

んー? なになに、アルマネ雑記?
え?、え?
誰の事? 俺の事?
誰が書くの? 俺が書くの。。。

ふーん、そっかー・・・、って、聞いてないよー!

というか、あれはそう、アルトのホームページの打ち合せの時に、渋谷のパスタ屋で、
電車に乗ると人身事故や何かがほぼ90%以上の確率で起き、
待ち合わせに堂々と遅れてくる、(君は藤あやこか、貞子か!?)
わがアルトのビジュアル担当兼リーダー!?、
帆乃佳を長々と待っている時にポロッと滑らした戯言なんだって!

し、しかも既に初日の日記に俺の名前で『宜しく!』なんて書いてあるしー(怒)
もうトモヤく〜ん、勘弁して〜!
・・・ダメ?
・・・ もう始まってるって??

はあ、ここまで来たらもう後には引けないのか・・・。

むむむ、
したらば小生、男に生まれた以上、責任を持って筆を持つことにしよう。
しかーし!!
ここで、幾つかの注意事項がありまする!

※注意事項
1.まず、基本的に書きたい事を書きたい時に勝手気ままに書き綴ります。

2.アルトのホームページにありますが、必ずアルトの事柄を書くとは限りません。

3.アルトの事は書きたい時には書きます。

4.一切のクレームは受け付けません。

5.タイトルにもあるようにこれは雑文です。非常にドメスティックな内容になる恐れがあります。

6.気の短い方、心臓の弱い方はご遠慮ください。

以上、用法用量を守って、それでもたまには覗いてやろっか、という
それはとてもとても心の広くて優しい御方だけお入り下さい。



はぁはぁ、これでどうだ!ここまで保険かけときゃ、文句は言われないだろう。

ではでは、
駄文、雑文になるかと思いますが、何卒ひとつ宜しくお付き合い下さいませ。m(__)m


・・・やっぱり読んで欲しいのね・・・

しっかし、なんて気の弱い男なんだ、俺は(笑)
2005年10月06日 17:32

はじまりました

私、マネージャー,アルマネと申します。
alutoのあんなことやこんなことをアルマネ雑記として書き綴っていきますのでみなさまお楽しみに!!
2005年10月03日 06:14

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。